僕は10代の頃からハゲに悩まされてきました。

 

ある日頭頂部が人より薄いことに気づいてからそのことを考えなかった日はありません。

 

そんな僕が必死に情報を集めてきた結果をまとめました。

 

ハゲからの逆算

そもそも髪が抜けてハゲてしまう直接の原因は何なんだろう?

君、髪が抜けることがハゲの原因ではないぞ。
新しい髪の毛が生えてこないことが原因なんじゃ。

そうなんですか!?
でも抜ける髪ばかり気になってしまうなぁ。。。

それは当然じゃ。
抜ける髪は見えても新しく生えてきた髪は可視化できないからのう。

じゃあなぜ僕は新しい髪の毛が生えてこないのか教えてください!

そもそもヘアサイクルというものがあってな・・・

 

ヘアサイクルの乱れ

髪の毛はずっと同じ髪が生え続けているわけではありません。

髪の毛が生えては抜け、新しい髪が生え・・・と続いているのです。

平均では1日に50〜100本の髪の毛が健康な人から抜けるので、髪が抜けること自体は問題ないのです。(もちろん何らかの要因で抜け毛が大量発生してしまってハゲることもあります。)

 

ヘアサイクルは成長期⇨退行期⇨休止期⇨成長期・・・ という流れで進んでいきます。

 

それぞれの毛根にサイクルがあり、1サイクルは5年ほどと言われています。

成長期はその名の通り髪の毛が成長する期間で4年ほどかけて強く太い髪の毛を育てる期間です。

退行期で脱毛の準備のために髪の成長が停止し、休止期に髪が抜け、次の髪を生やす準備が始まります。

 

健康な頭皮では退行期が全体の1%、休止期が10%〜15%、残りのほとんど全てが成長期

 

このヘアサイクルが乱れることによって成長期に健全な太く強い髪の毛が育たなくなってしまうのです。

 

加齢や遺伝などによる抜け毛は若い時には現れにくいので、若ハゲの主な原因はヘアサイクルの乱れです。

  

なぜヘアサイクルは乱れるか

ヘアサイクルの乱れかぁ...原因になるようなことはしていないと思うけどなぁ。

ヘアサイクルが乱れる原因は血流の悪化じゃ。
次はその辺を詳しく見ていくぞ。

 

頭皮の血流

頭皮の血流によって栄養は頭皮の隅々まで行き渡っています。

なのでその血流が悪化することで、髪の成長に必要な栄養が行き渡らずに成長期が不完全となりヘアサイクルが乱れ出します。

逆に言えば、頭皮に血がしっかり巡っていれば太くて強い髪の毛が生えてくるということですね。

 

何が血流を妨げているのか

頭皮に張り巡らされている毛細血管は細く、一度血流が滞って通らなくなると、再び通るようにするのが難しいので、そうならないためにもしっかりしたケアが必要と言えます。

 

そんな血の巡りを悪化させるのは血。

正確にいうとどろっとした血です。

 

健康的な生活を送っていない人はかなりの割合で血がどろりとしています。

サラサラな血を手に入れることは若ハゲ予防だけではなく、健康的な利益もたくさん。

 

若ハゲ予防には

ここまでのことをまとめると、

血流が悪い⇨ヘアサイクルの乱れ⇨髪が育たない⇨薄く見える

というわけじゃな。

健康的な生活をすることがまずは一番大事なんですね!

その通りじゃ。
このサイトではシャンプーや育毛剤、マッサージなどを紹介していくが、大前提なのは健康な生活で、それができていないとすべて無駄になってしまうぞい。

おすすめの記事