突然ですが、あなたは太っていますか?

 

私は5年前は100キロ近くあるデブでした。

当時の画像です。画質はごめんなさい笑

そんな終わっていた僕も今では体重は69キロ。

 

なぜ痩せることにしたのか、どうやって体重を減らしたのかを紹介します。

なぜ痩せる決心をしたのか

率直に言うと、

モテたかったからです。笑

  

小中高とまったくモテず、女の子に相手にされず、辛い思いをしていました。

自分がモテないのはコミュ力が足りないからだ、と自分の体型を見て見ぬ振りをして女の子にたくさん話しかけてキモがられていました。

今から考えればダイエットをしたくないからなのですが、懸命にコミュ力を磨こうとしていました。笑

 

ですが22歳の時、一度も彼女ができないまま学生生活が終わってしまう恐怖からダイエットを始めました。

 

なぜデブはモテないんだろう?とずっと考えていました。

痩せた今ではわかります。

太っているだけで自己管理すらできない無能と思われるし、邪魔で汚いし。

それに太っていることを棚に上げて他の原因を探すことや、言い訳をするその心がデブですよね。

 

デブは損

病気のリスク

出典:Pixabay

肥満体型の人は標準体型の人よりも数倍病気になるリスクが高いのです。

このサイトでも育毛やスキンケアなどの記事を書いていますが、それらの観点から見ても太っていることのメリットは特にありません。

太る食生活によって血流は悪くなりますし、太っている人は運動が億劫になり、そのせいでさらに太り・・と悪循環から抜け出せなくなってしまいますよね。

運動不足もまた健康という観点から見れば害となるので、やはり痩せた方がいいのは事実でしょう。

 

食費

出典:Pixabay

太っていた人間なのでわかるのですが、お腹が空いているから食べる、というよりは時間が空いて暇だから、道を歩いていたら美味しそうなものを見つけたから、など必要のない食事や間食が異常に多いです。

 

そのせいで私は太って健康に被害が出るだけではなく、財布も気づけば圧迫されていました。

皆さんの中にもそんな人いるんじゃないかな、と思います。

 

モテ

出典:Pixabay

先ほど書いた私の痩せたかった理由なのですが、やはり客観的な事実としてデブはモテません。

 

太っているけど奥さんを連れて幸せそうな人を街で見かけることがありますが、あの人たちは付き合ってから太ったかなにか他にすごいいいところがある人です。

スリムなあなたと太っているあなたでは確実にスリムあなたの方がモテます。

 

 

私はどう痩せたか

出典:Pixabay

ここで記事のタイトルに戻ります。

糖質制限です。

 

糖質制限といってもなにも完全に抜くわけではありません。

私の場合、糖質は1日に50gまでと決めていました。

 

糖質自体は人間が生きるのに必要なものです。体内で必要なエネルギーの大部分は糖質を取り込むことにより補給しています。 

取り入れた糖質を使いきれないと脂肪を増やし太る原因になり、逆に糖質が足りずに脂肪や筋肉を分解してエネルギーにすると体重が減る原因になります。

 

僕は米、パン、麺類などの今までの主食といってもいいものをほとんど全て食べるのをやめました。

 

これが糖質制限ダイエットです。

 

その糖質制限ダイエットに加え、軽い運動も。

ウォーキングや水泳などの軽い運動をしつつ糖質制限ダイエットを続けて私は体重を落としました。

かなり辛く、倒れそうになることも何回もありましたし、今から思うとここまでやる必要はなかったと思うことも多くあります。

その反省も踏まえて皆さんにオススメの糖質制限ダイエットの方法をシェアしたいと思います。

 

 

糖質制限ダイエット

食べていいもの悪いもの

出典:Pixabay

基本的に食べていいものは糖質があまり含まれていないもの、食べてはいけないものは糖質が多く含まれているものなのですが、ここでは私が食べていたものなどの例を紹介します。

 

食べてはいけないもの:米、麺類、パン、お菓子

食べていいもの:肉、魚、卵、野菜、キノコ

 

ざっと書くとこんな感じです。

 

主食が全て封じられてどうしたらいいの!?と思うかもしれませんが、これが意外といけるんです。

 

私のオススメは鍋とスープです。

大量の野菜やキノコを鍋やスープとして料理するのが味的にも量的にも満足できますよ!

夜にお腹が空くことが多いですが、暖かいものを食べる時の方が満足感が高いのでスープを作りおきしておくのが最高ですね。

 

糖質制限ダイエットの注意点

ここで気をつけて欲しいのは、糖質制限ダイエットにおいて一番の失敗である筋肉を落としてしまうことです。

うまく脂肪だけが落ちてくれればというのが全人類の願いですが、そううまくは行かないのです。

そして筋肉は脂肪よりも密度が大きく、重いので体重は落ちるのですが、その体重の落とし方をしていてはリバウンドしやすくなりますし、健康的な生活からは遠ざかってしまいます。

 

そうならないためには、タンパク質をたくさん取ることと、適度な運動をすることです。

 

肉や魚、卵を毎日十分な量とることで、筋肉の材料となる成分を常に切らさないようにしてください。

また、人間の体は不要なものから処分していくので、運動不足の状態で糖質制限をしてエネルギー不足にしては、筋肉を落としてしまうのです。

 

私は2日に一回はステーキを焼いて食べていました。

いきなりステーキなどが個人的には超オススメです。

もちろんライスは抜いて付け合わせはブロッコリーです。ブロッコリーは栄養分が高く、植物性タンパク質が豊富なのでいつもそうしています。

 

もう一つの注意点は完全に糖質を抜かないことです。

米などを食べなくてもほとんどの食物に多少糖質が含まれているので大丈夫だとは思うのですが、完全に糖質を抜いて生きるのに最低限必要なエネルギーすらも摂らないと頭が痛くなったり体調不良の原因になったり倒れたりすることもあります。

さすがにそこまでしてしまうと日常生活に支障が出るので50g前後を目安に食べるようにしましょう。

 

 

デブから抜け出して

今回の記事では私が実際に痩せるのに使った糖質制限ダイエットをご紹介しました。

ノーリスクで簡単に痩せられる方法なんてありません。

ですが、この糖質制限ダイエットは激しい運動などを必要としないので生活リズムを崩さずに体重を落とせます。

 

ダイエットは辛かったですが、糖質制限で辛かったこと以上に痩せたことによるメリットの方が大きいと言い切れます。

この記事を読んでいるかたは程度の差はあれど、自分の体型や体重に不満がある方だと思います。

昔の私が変わることができたようにあなたも変わって自分に自信を持って生活していけると信じています。

 

ぜひ糖質制限ダイエット、挑戦してみてくださいね。

おすすめの記事