あなたは水にこだわっていますか?

 

スキンケア、育毛、ダイエットなどのすべての観点からみても水はとても重要です。

今回は水にこだわるべき理由と水にこだわったらどうなるのかということを書いていきます。

水の重要性

スキンケア

乾燥はスキンケアの大敵です。

もちろん水をたくさん飲んだからって直接肌が潤うわけではありません。笑

当然ジュースなどではダメで、常温の水がベストです。

 

育毛

育毛に水は関係ないだろうと思われるかたもいらっしゃると思いますが、水分が不足して体内の濃度が上がると、血液がドロドロになってしまうので循環が悪くなり細い毛細血管まで血が行き渡らなくなってしまうのです。

前の記事でも書いた通り、血流の悪化は髪の毛のヘアサイクルを乱して薄毛の原因になってしまいます。

1日に500mlは最低でも飲みたいところですね。

 

 

ダイエット

僕はいつも水を持ち歩いたり買ったりしてちょこちょこ飲んでいるのですが、やはりお腹が空くペースが前よりも落ちた気がします。

喉が乾く前に水を飲んで常に何かお腹に入っている状態はダイエットの観点から見ても悪くないのでしょうね。

代謝UPやデトックス効果も期待できる上、水ダイエットなんていうものもあるみたいですね。

 

ダイエットとスキンケアのための水分

出典:Pixabay

皆さんはミネラルウォーターを買って飲んでいますか?

 

ウォーターサーバーやミネラルウォーターを買って飲み水にしている人もかなり増えてきていますよね。

ウォーターサーバーは自宅に置いておくだけで水を配送してくれるサービスもありますし、わざわざ自宅に水を買って運ぶのが大変だという方にはオススメです。

最近は水ダイエットなども話題になることがありますが、飲み過ぎは厳禁です!
1日に飲むべき水の量の目安は体重の4%ほどと言われていますから、70kgの人でしたら2.8Lですね。

一般的には2Lほどを飲めば十分と言われていますが、ダイエットや美肌効果を目指したいのであれば2.5Lくらいが適正かもしれません。

 

1日に2Lもの水を飲むのは意識しないと厳しいかもしれませんので、まだ持っていない方はウォーターサーバーを契約して美味しいお水を家に常備してもいいかもしれませんね。

 

 

育毛のための水

シャワーの水、大丈夫?

今回私がオススメしたいのはお風呂用のレンタル浄水器です。

 

じつはシャワーから出るお湯には消毒のための塩素が大量に含まれています。

そのお湯は頭皮に刺激を与えるので、薄毛の一因となってしまっているんです!

 

このサイトではシャンプーや育毛剤の成分や正しい使用法を公開していますが、毎日頭皮に触れるシャワーの水が頭皮に悪いのでは元も子もないですよね。

このことを知って、僕はショックですぐにお風呂用浄水器を申し込みました。

私が使っているお風呂用浄水器のサイトを貼っておくのでぜひ公式サイトを見てみてくださいね。

レンタルなので購入の必要もなくカートリッジの交換なども無料で行ってくれますから取り付けるだけですぐに使えるのが魅力的ですね。

 

高性能でお得な浄水器レンタルはゼンケン

 

シャワー時の注意

シャワーの温度はみなさん何度に設定していますか?

 

私は長い間41〜42℃にしてシャワーを浴びていました。

ですが結論から言うと38℃前後がベストです。

その理由を説明していきますね。

 

皮脂を取り除く効果は温度に比例します。

熱すぎるシャワーは皮脂を取り除きすぎて上がったあとに頭皮を乾燥させる原因となり、低いと汚れている皮脂が落ちづらく残ってしまうからです。

このちょうどいい塩梅が38℃前後なのです。

 

ドライヤーは使わないほうがいい!?

出典:Pixabay

頭皮を濡れっぱなしにしておくと不潔になるのは確かです。

ですが実はドライヤーは使わないほうが髪にはいいんです!

 

お風呂から上がったあとは髪の毛をゴシゴシと拭かずにタオルでポンポンと叩いて水分をとるのが正解で、乾きにくい場合は髪をタオルとタオルで挟むようにして両端から水気をとる、というのが髪の毛に一番優しく頭皮を傷つけないドライの方法です。(ドライ:髪の毛を乾かすこと)

もしドライヤーをどうしても使いたい人や急いでいるときは、頭皮には温風を当てないようにしましょうね。

ドライヤーからでる熱い風は頭皮に過度な刺激を与えてしまってダメージとして蓄積されるからです。

 

終わりに

人体の7割ほどは水と言われています。

人間が生きるのに一番必要な水にこだわらないのはもったいないですよね。

おすすめの記事